氷のシーク 立ち読みサイト

アレキサンドラ・セラーズ著 氷のシーク 等の携帯小説が当サイトで読み放題!!


人気のハッピーエンド・ロマンス


△ ▲ △
氷のシーク  アレキサンドラ・セラーズ

旅行業を営むケイトは、ツアーの視察のためにバラカット首長国に降り立った。空港でハディという名の男にいかにも尊大な調子で声をかけられる。彼女は瞬時に反発を覚えたが、じつは彼はケイトの案内役で……。(『氷のシーク』) ソフィーはバカンスでバラカット首長国へやってきた。早くに起き出して浜辺を散歩していたとき、白いローブを翻し黒馬を駆る男性が鋭い視線を投げてきた。彼女が不思議に思っていると、彼が近づいてきて言った。「僕はきみが何者か知っている、ソフィー」(『シークの至宝』) ――伝説と魔法に満ちた神秘の地に愛の熱風が吹く――魅惑の短編を2作収録!



ヒロインの数だけ愛がある




次のページ

i-mobile
無料HPスペース
+ accespace.jp +